【熊事件】北海道雨竜町で初めてヒグマが人を襲う!出没場所を特定!

【熊事件】北海道雨竜町で初めてヒグマが人を襲う!出没場所を特定!
  • URLをコピーしました!

この記事では次の内容についてお伝えしていきます。

  • 北海道雨竜町で初めてヒグマが人を襲う
  • ヒグマが人を襲った出没場所を特定
目次

北海道雨竜町で初めてヒグマが人を襲う

2024年6月3日午後3時過ぎ、北海道雨竜町恵岱別(うりゅうちょうえたいべつ)の山林で山崩れの調査をしていた、空知総合振興局に務める男性職員の久保征治さん(51歳)が「ヒグマ」に襲われ怪我をしました。

熊が人を襲うのは初めてのこと

雨竜町役場によりますと、道職員5人で森林調査のために山林に入って作業していたところ、51歳の男性職員が藪から出てきた体長約1.5mの「ヒグマ」と鉢合わせをする形となってしまい、地面に倒され胸を噛まれました。その後、男性は持っていた「鎌」で抵抗するも、左肩などに怪我を負い病院に搬送されましたが、命に別状はないとのことです。

付近では、子グマの鳴き声もしたころから子連れだった母グマが子グマを守ろうとして、男性職員を襲った可能性があります。

雨竜町産業建設課の宗近秀靖主幹は「人が襲われるというのは初めてことなので、人の命が一番大切なので、箱わなをかけて対応していきたいと考えています」と話していて、雨竜町では熊が人を襲うといういのは、これまでなかったそうです。

雨竜町役場では、今年2度目となる「ヒグマ注意報」の看板を立てて警戒を呼び掛けるとともに、ヒグマ対策として「箱わな」と「監視カメラ」を設置して駆除にあたる方針とのことです。

雨竜町とは

雨竜町(うりゅうちょう)は北海道空知(そらち)総合振興局管内に位置する町で、総面積は約190.91平方キロメートルです。この町は自然豊かな地域で知られ、周囲を雄大な山々に囲まれ、豊かな森林と清らかな水源があります。

特に農業が盛んで、ジャガイモやビート、小麦などの農産物の生産が特徴的です。また、美しい自然環境を活かした観光も推進しており、四季折々の自然景観や地元の食文化を楽しむことができます。

雨竜町は、これらの自然と農業資源を生かし、地域おこしにも力を入れている町です。

北海道雨竜町のヒグマが人を襲った出没場所を特定

6月3日に初めてとなる、熊による人を襲った事件を受けて、雨竜町役場では「ヒグマが人を襲った出没場所」を公開し、注意を呼び掛けています。

今回の人を襲った熊が出没したとされる地域は「牧岡線北川山林」となります。また、5月22日には「町道5丁目と町道西2号線の交差付近」で熊の足跡が確認されていました。

雨竜町役場では「今年度の熊の出没状況」を公開していて、住民をはじめとする付近の方へ注意を呼び掛けています。

ヒグマの姿・足跡・フンなど目撃情報の提供はこちら

雨竜町役場 産業建設課 農政林務担当

電話:0125-77-2213

メール:お問い合わせフォーム

【熊事件】北海道雨竜町で初めてヒグマが人を襲う!出没場所を特定!

今回は、以下の内容についてお伝えしてきました。

  • 北海道雨竜町で初めてヒグマが人を襲う
  • ヒグマが人を襲った出没場所を特定

ここ数年、北海道では本当に熊の出没情報が多く寄せられるようになりました。この雨竜町では、これまでヒグマの生息こそあったとは思いますが、獣害(人を襲うような災害)はなかったそうです。

改めて、ヒグマの生息環境と生息個体数に変化が現れているような気がします。当メディアでは、今後積極的に「北海道の熊に関する事件、出没情報」について発信していきます。ご興味がある方は、ブックマークをよろしくお願いいたします。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

自由にSNSで拡散(引用)OKです
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
沼主

当メディアはリンクフリーです。SNSやホムペでご紹介いただけると嬉しいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次