【2024年10月】郵便料金値上げの理由!速達やレターパックはどうなる?

【2024年10月】郵便料金値上げの理由!速達やレターパックはどうなる?
  • URLをコピーしました!

この記事では次の内容についてお伝えしていきます。

  • 郵便料金値下げの理由
  • 速達やレターパックの料金はどうなるのか
目次

郵便料金値上げの理由

日本政府は物価問題についての関係閣僚会議で、消費税改定を除くと、約30年ぶりとなる2024年10月からの郵便料金の値上げを了承しました。SNSでは「郵便料金」がトレンド入りを果たし、個人や企業などから多くの関心が寄せられています。

では、いったいなぜ日本郵便は値上げに踏み切ったのか「郵便料金値上げの理由」について解説していきたいと思います。

郵便料金値上げの理由

郵便料金の値上げが行われる背景には「郵便事業の苦境」がありました。日本郵便は「郵便物の減少、輸送コストの高騰などで郵便事業が赤字」だという理由から、値上げを求めていました。

郵便事業の現状
  • 郵便物数の減少に伴う収益の減少
  • 2022年度に民営化後初めてとなる営業損失(赤字)を記録した

民営化以降の日本郵便(株)の「営業損益」は近年悪化していっており、’22年度には遂に「▲211億円」もの赤字転落となりました。以下の理由による郵便物の減少から、今後はさらなる業績の減益が見込まれることから、その補填策として「商品単価のアップ=郵便料金の値上げ」を図った形です。

郵便物数減少の主な理由
  • インターネットやSNSの普及
  • 各種書類等のデジタル化の進展
  • 各企業の通信費や販促費削減の動き

以上のことから、現行の料金を据え置いたままですと単純に、郵便事業の減少減益が見込まれることから、商品単価となる郵便料金の値上げに至りました。

郵便料金値上げ幅

総務省審議会を中心とした議論にて、郵便物の値上げは種類ごとに行われています。ここでは、今回の郵便番号値上げの中心となった「封書やはがき」について解説していきます。

封書等(第一種郵便物)

25g以下の定形郵便物は「31%の値上げ」、50g以下の定形郵便物は「17%の値上げ」の予定です。なお、現在は「25g以下と50g以下で分けられている料金は110円で一律化される」方向のようです。

郵便物の種類値上げの内容
25g以下の定形郵便物84円から110円に値上げ
50g以下の定形郵便物94円から110円に値上げ

はがき(第二種郵便物)

はがきは「34.9%」もの値上げ幅となる見込みです。※所定の規格を超えるものは第一種郵便物の扱い

郵便物の種類値上げの内容
はがき63円から110円に値上げ

郵便料金が据え置かれるもの

すべての郵便料が値上げされるわけではありません。以下に記載した郵便物については、値上げは行われず「郵便料金は据え置かれる」という見通しです。

  • 第三種郵便物・・・雑誌などの定期刊行物
  • 第四種郵便物・・・通信教育用郵便物、点字郵便物
  • 書留・・・郵便物が壊れたり届かなかったりした際に、一定の賠償をするサービス

書留については、’23年10月に値上げされたばかりであることから、今回の値上げの対象には含まれません。

郵便料金以外に速達やレターパックはどうなる

今回の郵便料金の値上げに伴い、封書やはがき以外の「速達」や「レターパック」など、仕事でよく使うような郵便料金についてはどうなるのか、わかりやすく解説していきます。

定形外・特殊取扱

恐ろしいことに、定形外や特殊取扱といった郵便物は「約30%の値上げ」を基本として、現在も検討が進められているとのことでした。そのため、現時点では具体的な金額や値上げについては発表されていませんが、「定形外郵便物 250g以内・規格内の場合は現行で250円」となりますが、仮に30%値上げがあったら「325円」ということになります。

レターパック・速達について

レターパックや速達に関しては、値上げ率は定形外・特殊取扱と比べると値上げ率は低くはなりますが、それでも値上げの対象であることに変わりありませんでした。いまのところはまだ、詳しい数字については公表されていません。いまのところ「レターパックライトは370円」で「レターパックプラスは520円」となり、速達料金は以下の通りです。

速達料金重量料金(基本料金に加算)
郵便物(手紙・はがき)250gまで+260円
1kgまで+350円
4kgまで+600円
ゆうメール1kgまで+330円

【2024年10月】郵便料金値上げの理由!速達やレターパックはどうなる?

今回は、以下の内容についてお伝えしてきました。

  • 郵便料金値下げの理由
  • 速達やレターパックの料金はどうなるのか

郵便料金が値上げされるのは「2024年10月」の見通しです。SNSでは、郵便料金の値上げよりもその「実」、つまりは郵便料金を上げざる得なくなった「原油高」や「物価高」、そして「人件費の高騰」と言ったいわゆる「経費を圧迫した原因」について多くの方が言及していました。

確かに「業績が厳しくなったから値上げします」では、キリがないでしょうし短絡的過ぎると思います。それよりも、経済の根本をしっかりと立て直す必要がいまの国にも企業にとっても急務なのではないでしょうか。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

自由にSNSで拡散(引用)OKです
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
沼主

当メディアはリンクフリーです。SNSやホムペでご紹介いただけると嬉しいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次