東京都の地下シェルターはいつ完成する?詳しい計画が明らかに!

当ページのリンクには広告が含まれています。
東京都の地下シェルターはいつ完成する?詳しい計画が明らかに!
  • URLをコピーしました!

いま、東京都がミサイル攻撃などの緊急事態に備えて、東京都の地下にシェルターを整備するという計画があります。

いったい、誰が、いつから、地下シェルターを利用できるようになるのか、都民からしたらとても気になるところだと思います。

そこで今回は、

・東京都の地下シェルターはいつ完成する?

・詳しい計画が明らかに!

主にこちらの内容について深堀りしていきます。

目次

東京都の地下シェルターはいつ完成する?

出典:「TOKYO MX」

いまのところ「東京都の地下シェルター」の具体的な完成時期については、公式な発表はまだありませんが、都は新年度から地下シェルターの設計と建設を進める方針だそうです。

政府はいま、自衛隊の施設を地下シェルターとして活用することを検討しています。防衛省は老朽化した施設の地下化と改修を進め、周辺住民の避難場所として使用できるように計画しています。この取り組みは、2023年の防衛白書で報告され、北朝鮮のミサイルや台湾有事を念頭に置いた国民保護の体制強化の一環とされています

詳しい計画が明らかに!

出典:「NHK」

いまのところは、東京都の地下シェルターを誰が利用できるか、についてはまだ詳しい情報が明らかにされていません。いまわかっている、計画については以下にまとめてみました。

シェルターの設置場所と目的

東京都は麻布十番駅周辺に地下シェルターを設置することを計画しており、これは長期避難の可能性も視野に入れています。地下シェルターの主な目的は、ミサイル攻撃などの非常事態に際して、都民の安全を確保することにあります。

防衛省の取り組み

防衛省の取り組みにより、自衛隊施設も地下シェルターとしての機能を持つようになる予定です。これにより、地震や災害など、さまざまな緊急事態に備えた避難施設としての役割が強化されることが期待されます。政府は、国民保護の観点から、シェルター設置の必要性を訴えており、これは国家防衛戦略の一部として位置付けられています。

近い将来、東京都に地下シェルターが都民の避難場所に

今回は、東京都の地下シェルターはいつ完成するのか、詳しい計画について深堀りしてきました。

今後、東京都と政府は、地下シェルターの整備を加速させることで、緊急事態における都民の安全を確保し、国家防衛戦略の一環として国民保護の体制を強化する方針です。これらのシェルターは、地震や災害など様々な非常事態に対応するための重要な施設となると期待されています。

この計画は、東京都民だけでなく、国内外の多くの人々にとって、安全と防衛に対する新たな取り組みとして注目されるでしょう。地下シェルターの具体的な設計、機能、そしてアクセス方法に関する詳細が今後公開されることが予想されます。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

自由にSNSで拡散(引用)OKです
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
沼主

当メディアはリンクフリーです。SNSやホムペでご紹介いただけると嬉しいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次