長谷部誠が現役引退を決めた理由!引退後はどうするの?

長谷部誠が現役引退を決めた理由!引退後はどうするの?
  • URLをコピーしました!

この記事では次の内容についてお伝えしていきます。

  • 長谷部誠が現役引退を決めた理由
  • 長谷部誠の引退後について
目次

長谷部誠が現役引退を決めた理由を深堀り

5月17日、サッカー元日本代表の長谷部誠(40歳)選手が、現在所属するドイツ・ブンデスリーガ1部「アイントラハト・フランクフルト」の本拠地ドイチェ・バンク・パルクで緊急会見を開き「今シーズン限りでの現役引退」を表明しました。

長谷部誠選手は静岡県藤枝市出身で、ミッドフィールダーからディフェンダーまでこなし、2018年まで日本代表に選ばれ続け、キャプテンとしてワールドカップにも3度出場してきたまさに日本代表と日本のサッカーシーンを支えて来たサッカー選手です。

あまりに突然の現役引退に戸惑うファンも多いことかと思いますので、長谷部選手がいったいなぜ引退をするのかその理由について探っていきましょう。

日本時間の17日午後5時30分、テーマを含め詳細が伏せられたまま行われた記者会見は3時間の長丁場でした。そしてそこで、長谷部誠選手による引退会見が行われました。

長谷部選手は、引退を決めるまでこの5~6年間ずっと考えていたようです。引退のタイミングについては、ご家族とも相談を重ねた結果、そしてブンデスリーガのラスト5試合に集中したいと思ったから、だと強い決意を語っています。

まだ、フランクフルトとの契約を3年残しているにもかかわらず、現役に別れを告げるに至った理由について長谷部選手は以下のように語っています。

  • 今シーズンはあまり出場していないこと
  • (そのうえで)試合に出ていないと状態を回復させるにも時間がかかること
  • (今年1月で)40歳になったので次のステップに進みたいと思ったこと

以上、大きく3つの理由について語ってくれています。そのうえで、これまで22年間続けて来た大好きなサッカーを、シーズンが終わったら少し休んで家族との時間を増やしたいと語っています。

長谷部誠の引退後について

長谷部選手の引退後は指導者としてのステップがあるといいます。現在の契約には「引退後のコーチングスタッフ」としての契約も含まれていること、ドイツサッカー連盟(DFB)が発行する指導者B級ライセンスを長谷部選手がすでに取得していること、などから今後も生活拠点をドイツにおいて指導者としてのセカンドキャリアを築いてとのことでした。

また、長谷部選手はとても勉強熱心で「両親に会うために休暇をとって日本へ帰国する期間ももちろんあるけど、ライセンスの勉強は楽しいので、(最上位の)S級まで取得したいと思っている」と語り、指導者のライセンスすべてを履修する意気込みをみせてくれました。

一方、ドイツの大衆紙『Bild』は「アイントラハトに残る」と公言している長谷部選手に対し、4部相当のリーグに所属するU-21チームのアシスタントコーヒーのポストが用意されていると報じています。

いずれにせよ、これだけ名実ともにこれだけ素晴らしい選手ですから引退後も色々なチームからオファーがあるでしょうね。

長谷部誠が現役引退を決めた理由!引退後はどうするの?

今回は、以下の内容についてお伝えしてきました。

  • 長谷部誠が現役引退を決めた理由
  • 長谷部誠の引退後について

画面越しではありますが、わたし自身もいつも長谷部誠選手が出場している日本代表を応援してました。非常にまじめでガッツのある選手という印象が強いです。そのうえで、いつも諦めずに全力で考え、動き、チームの司令塔としてみんなを引っ張っていくリーダーシップには、いつだって安心感がありました。

まだ40歳という若さではありますが、長谷部選手自身がセカンドキャリアに進むために決断されたことであれば、引き続き応援したいですね。残された試合も怪我なくプレーしてほしいと思います。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

自由にSNSで拡散(引用)OKです
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
沼主

当メディアはリンクフリーです。SNSやホムペでご紹介いただけると嬉しいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次